再び第三京浜を北へ

いまやサポーターを名乗るのもおこがましい
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 東京の真ん中のパリ 〜飯田橋 ラ・ブラスリー ドゥ ランスティテュ | main | 全日本フットサル選手権 準々決勝 >>

開けましておめでとう 〜第1節H新潟戦

 

何度迎えても開幕戦は格別の思いですね。
個人的には、昇格以来ずっと欠かさず観戦してきた開幕戦だが、去年それが途切れてしまっただけに、新しいシーズンをスタジアムで迎えることができる喜びを噛み締め・・・。

なーんて感無量の気分に浸っていれたのも前半終了間際まででした


 スタジアムに向かう道すがら、後ろのカップルの会話。

女「ねえ、新潟って誰がいたっけ〜?」
男「さあねー、パッと思い浮かばねーなー」
女「マルシオ・なんとかってまだいるのかな?」
男「いるっしょ。あと大宮から誰か外人獲ってたなあ」
女「デニス・マルケス?」
男「うーん、誰だっけ?どっちにしてもパッとしないよなあ」
女「軽く一蹴って行かないかなあ」

いやその大宮から来た新外人に軽く一蹴されちゃいましたが。(笑)

奇しくも試合前、城福さんは「試合をすることで自分たちの現在地が明快になる」みたいなことを言っていたようですが、少なくとも新潟を軽く一蹴するどころか、逆にボコられるくらいの実力だということが、露になった開幕戦でした。
34分の1が終わっただけですから、悲観することもないですが、現時点で決して実力上位ではないことは明らかになったわけで、そのカップルではないけれど、「お前ら何様だ」と頭ド突かれたような気分です。
開幕戦は負け知らず、なんてのも今は昔ですが、このスコアはちょっとへこみますね。

調布FMの実況を聞いていたら、解説の石井さんは「降格候補の筆頭だ」なんてヒステリックになっていましたが、そこまではねえ。
われわれは今年も腹を据えて応援して行きたいものです。

しかしこれで次の試合、相手の浦和も開幕戦を落としているし、難しくなりましたね。
その次で当たる、それこそ降格候補筆頭山形はアウェイで磐田をフルボッコにしているし。
序盤でつまずかないように願いたいですが。

そんなこんなで、今年も群雄割拠の混戦リーグ、WBCの影に隠れてこっそり開幕です。(笑)
お楽しみはこれからだ!(だといいな)




FC東京 | permalink | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

いくのしんさん、お久しぶりです。お元気そうでなによりです。東京坊主です。
開幕戦は残念な結果ですが、おっしゃるように「お楽しみはこれからだ」という気持が大切ですねぇ。
不思議なものでどこか危機感がないとチームもファンやサポーターも気合いが入らない体質があるような気がします。
きっとM系なのかもしれませんねぇ。
思い起こせば去年の等々力でのクラシコのような試合がベストゲームなのかもしれません。
危機感ありありなほうが素晴らしい力が出るような感じです。

城福監督が軽く捉えていたとは思えません。
新潟は去年の雪辱に燃えていたわけで厳しい戦いになると思っていたからこそスタメンにも工夫を凝らしていたと感じます。
勝負は時の運ともいいますし、気持ちを切り替えて次節の埼玉スタジアムを沈黙させたいと思いますねぇ・・・・。
ちなみにいくのしんさんのブログを楽しみにしている人はいっぱいいますからねぇー
東京坊主 | 2009/03/08 7:05 PM
>東京坊主さん

お久しぶりです。コメントありがとうございます。

散々な開幕戦でしたが、個人的にはいろいろあったので、今年も無事開幕を迎えることができたことを喜びたいです。

今年もよろしくお願いします。
いくのしん | 2009/03/10 10:36 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ikuty1104.jugem.jp/trackback/22
この記事に対するトラックバック
ホーム開幕は瓦斯戦です。開幕で躓いた者同士。あちらはホームで4失点も得点は取って
敵状視察 ホーム FC東京戦 | 與野レッズBlog | 2009/03/12 7:45 AM