再び第三京浜を北へ

いまやサポーターを名乗るのもおこがましい
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 訣別の季節 〜天皇杯4回戦水戸戦 | main | 2011 いくのしん的東京10大ニュース【後編】 >>

2011 いくのしん的東京10大ニュース【前編】

 あけましておめでとうございます

いやあ天皇杯獲っちゃいましたね。でっかいでっかい初夢が成就したものです。
ACL出場権も手に入れたし、カップウィナーとして臨む2012シーズンが希望に満ちた輝かしいものに見えて来ましたが、思えば1年前の今頃はまさかこんな風になるなんて夢にも思わない五里夢中の状態でしたから、わからないものですねえ。

そしてその2011シーズンはいろいろありました。
私見をめいっぱい盛り込みながら、今年もランキング形式で振り返ってみることにしましょう。
 第10位 新社長就任

 降格の責任を取る形でムラバが一線から退いた後を引き継いだのが阿久根新社長。
ガスの野球部出身ということで、当初は親会社の意向を汲んだ人事として、その手腕に懐疑的な目を向ける人も少なくありませんでしたし、私もいい意味でも悪い意味でも存在感の大きかった村林さんに比べて、どうも色が見えてこないようで疑心暗鬼でしたが、いろいろとがんばってくれているようです。

一言で言うとバランス感覚が取れた方、という印象ですが、能力的には間違いがないのでしょうから、今後は仕事であるという殻を突き破って、もっともっと東京を、そしてサッカーを好きになっていただけたらなあ、と思います。
評価は分かれますが、東京愛という点で前任者は相当な思いを抱いていたと思うので、それに並んだところで初めてその呪縛から解き放たれるような気がします。


第9位 長友インテル移籍

 1月にチェゼーナへの完全移籍が決定し、その時点でもはや「東京の長友」ではなくなったのですが、やはり私たちにとっては、いつまも「おれたちの長友」です。
そんな彼がまさか世界有数のクラブ、インテルへ移籍し、レギュラーポジションを獲得して、チャンピオンズリーグで躍動するまでになろうとは。
どこまで登って行くのでしょうか。
おととしの初夏の頃に「てめえやる気あんのかー」と野次っていたのが嘘みたいです(笑)。


第8位 イナゴTOKYO

 「やつらが通った後にはぺんぺん草も残らない」
以前から美味しい物が大好きな人の多かった東京サポーターですが、こんな風に揶揄されるようになったのはここ1年くらいでしょうか。
アウェイスタジアムの売店を完売させ、地方の名店に列を成す青赤者を、人はいつしか「イナゴ」と呼ぶようになりました。我々は自尊を、他サポは蔑みを持って。

個人的にも「餃子会」や「mkny」といったイベントに参加させていただいて、楽しみました。
極めつきは最終節の試合後札幌ビール園で200人近くを集めた「mknyファイナル」ですかね。
私は参加できませんでしたが、イナゴTOKYOの本領発揮でしたね。


第7位 アウェイ草津戦

 選手やサポーターもここをひとつのターニングポイントとする人が多いですが、私もこの試合はシーズンを通していろんな意味で分岐点になった試合だと認識しています。
「全勝してJ1復帰」と意気込んで臨んだシーズンでしたが、案の定そんなに簡単に行くはずもなく、それでも「そのうちなんとかなるだろ」が「おいおいまじでやばいぞ」となった試合です。
今から思えば、「底を打った試合」と言えますが、その時は暗澹たる気持ちで、開幕時から聞こえていた「熊じゃだめ」という声に、信じたい気持ちを持ちながらも、この試合あたりで「本当にだめかも」と不安になったものです。

その後の軌跡はご存知のとおり。
今だから笑って話せる試合ですねえ。


第6位 ルーカス復帰

 東京のピンチを救ってくれたのは紛れもないこの人だった。

はじめはやっぱり不安な部分もありましたよ。
一度は引退しているし、衰えはあるんだろうなとか、チーム戦術にフィットするんだろうかとか。
杞憂でしたね。
むしろここまでやれるのかとびっくりしたし、精神的な支柱になってくれたのも大きかった。
ルーカスが帰ってこなかったら、と思うとぞっとしますね。
年間MOTは森重でしたが、それに劣らぬ活躍だったと思います。

ブリガードね。




・・・とここまで書いて息切れしてきました。
なので5位から1位までまた次回。
まあ大体予想はつきますね(笑)。

いつになるかなあ。新体制発表会までには書きたいな。





FC東京 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

そんなことおっしゃらずにお早目にお願いしますね!
草津戦は選手も危機感を抱いたことを知り、なーんだ選手もサポもおんなじなんだ、と認識を新たにしました。
OBAKA母 | 2012/01/07 8:21 PM
>OBAKA母さん

草津戦は今だから振り返られる試合ですよねえ。あの時の自分のブログを見返してもかなり殺伐としていました。

今年もよろしくお願いします。
いくのしん | 2012/01/08 2:15 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ikuty1104.jugem.jp/trackback/290
この記事に対するトラックバック