再び第三京浜を北へ

いまやサポーターを名乗るのもおこがましい
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< ACL2016グループリーグアウェイ全北現代戦遠征記 〜その一 | main |

ACL2016グループリーグアウェイ全北現代戦遠征記 〜その二

ソウルで1泊して翌朝全州に移動。
 
ソウルから全州への距離は約230キロ、今回はオフィシャルツアーの他にゴール裏の皆さんがツアーを組んだり、個人的にもバス利用の方が多いようでしたが、我々はKTXを利用しました。バスだと約3時間、KTXで約2時間くらいです。




KTX 時刻表
http://moyashimon2010.web.fc2.com/korea/index_korea.html

ソウルから麗水という所まで走っている全羅線のKTXが一日8便くらい、大体2時間に1本くらい出ていますが、他にも特急にあたるセマウル号や急行のムグンファ号もあるので、時間に余裕があれば、そちらを使って旅情を楽しむのも一興でしょう。
KTXは日本語サイトもあって、日本からも予約・決済できます。


KORAIL HP
http://www.letskorail.com/ebizbf/EbizBfTicketSearch.do



韓国〜全州までは一般室(普通車)で34,400ウォン(約3,000円)です。
特別室というグリーン車的な席でも5万ウォンちょっと。
230kmというと日本では東京〜浜松くらいの距離ですが、ひかりの普通車で8,000円超ですから、KTXはお得ですね。
と言うか、総じて韓国は交通費と食費は割安な感じです。それ以外の物価は日本とあまり変わらない印象でした。


予約内容をプリントアウトして、駅の窓口に提示すると即発券してもらえ簡単便利です。
ところでKTXは改札もなく、車内でも改札がないのですが、不正乗車とかないんでしょうか?全席指定だけど、ずっと車両間に立ってる人とかいたけど・・・。
仏のTGVを払下げた車両は日本の型落ちの新幹線という風情で、無機質ですが快適です。

 

日本の新幹線とさして変わらぬ車窓の景色を眺めつつ列車は全州へ到着。






 

全州駅から市街地へはタクシーで移動します。

時間にして20分くらい、料金は約1万ウォン(約900円)。

ソウルでもそうでしたが、運ちゃんは日本語はおろか英語もほとんど通じません。行き先も言葉では通じにくいのでタブレットの地図を見せると分かってくれます。余談ですが、韓国の地図は日本語表記、日本語検索も可能なKONESTの地図が便利で重宝しました。ルート案内や乗り換え検索もできます。

コネスト韓国地図
http://map.konest.com/

 

さて全州は、日本で言う「小京都」的な歴史のある街で、瓦屋根の韓国伝統家屋が軒を連ねる美しい観光都市です。

前情報をあまり持たずに訪ねたので、前回ACLで行った蔚山の印象もあって、勝手に廃れた地方都市をイメージしていたのですが、街中は平日だと言うのに観光客で溢れかえってました。それもほとんどが若い女の子。

聞くと韓国はいま春休みということで、全国から学生がどっと押し寄せ、レンタルのチマチョゴリを着て街を観光して回るのが流行りらしいです。

それで街中は華やいだ雰囲気でしたが、ちなみにACLどころか全北の影はまったく見当たらず、皆さんあまり関心がないという感じですが、これは後述しますが、私の勘違いでした。











 

早めに宿にチェックインして荷物を預けたら腹ごしらえ。

全州は食の都でもあるらしく、日本でもお馴染みのビピンバやクッパはここ全州が発祥とのことで、これはまず食っておかねばということで、下調べしておいたメインストリートに面した有名店を訪れました。
韓屋の立派な店構え、一見では飲食店とは分かりません。

全州だとさすがに店の看板もハングル表記ばかりなので、店に入って「ここは○○店でいいのか?」とやらないと分かりません。


こちらの店では、具材によって数種類のビピンバがあり、それを真鍮製の容器か熱々に熱した石焼きで食べるかによって値段が異なります。

我々は一番シンプルなユッケビピンバをそれぞれの容器で頼んでみることにしました。ビピンバが到着する前に、食卓にはキムチやチャンジャが並べられますが、これはいずこの店に行っても同じですね。
これだけでご飯
2杯を食べられそうですが、あちらではこれらを惜しげもなくお変わり自由で提供してくれます。オーダーが減って客単価が下がるのではないかと、同業ゆえの余計な心配をしてしまうのは余計なお世話、お国柄なんでしょうね。







HanKookKwan
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g1143545-d6592021-Reviews-HanKookKwan-Jeonju_Jeollabuk_do.html
 

さてこちらの店では、私たちが日本人だと分かるや、日本語の堪能なスタッフが呼ばれ、以後ずっと彼が僕たちの世話をしてくれたのですが、とても流暢な日本語を話すので聞いてみると、語学留学で1年間大阪に居たとのこと。

話が盛り上がったところで、彼が「今日はサッカーですか?」と聞くので、そうだと言うと「私はチョンブクのサポーターで私も今夜スタジアムへ行きます」と言うではありませんか。敵だ!()

「今日の予想スコアは?」と尋ねたら「チョンブク5トーキョー0」と言いやがる。BOOOOOO!!

こんな交流も海外遠征の醍醐味ですね。

最後に全州名物の黒砂糖とシナモンの入った甘いマッコリを飲んですっかり気分が良くなって店を後しました。





 

 

19時のキックオフまで時間に余裕があったので、酔い覚ましに街中を軽く散策して宿に戻り、少し昼寝をかまして、さあいよいよスタジアムへ。

(続く)



 
FC東京 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ikuty1104.jugem.jp/trackback/293
この記事に対するトラックバック